スタッフ

ナレーション:鶴田つるた真由まゆ

女優
1988年女優デビュー。その後、ドラマ、映画、舞台、CMと幅広く活動。代表作には、ドラマ「妹よ」「君と出逢ってから」「徳川慶喜」「お仕事です!」「サトラレ」、映画「梟の城」「半落ち」「カーテンコール」などがある。1996年には「きけ、わだつみの声」で日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受賞。近年はドラマ「マルモのおきて」「酔いどれ小籐次」「株価暴落」「犯罪症候群」、映画「沈まぬ太陽」「さよなら渓谷」「ほとりの朔子」「64-ロクヨン」「DESTINY鎌倉ものがたり」など話題作に出演。旅番組、ドキュメンタリー番組への出演も多く、番組出演がきっかけとなり、2008年に第4回アフリカ開発会議(TICAD Ⅳ)の親善大使の委任を受ける。著書に旅エッセイ「ニッポン西遊記 古事記編」(幻冬舎)、「神社めぐりをしていたらエルサレムに立っていた」(幻冬舎)などがある。
鶴田さん

監督:渡辺わたなべ智史さとし

山形県鶴岡市生まれ。東北芸術工科大学環境デザイン学科卒業。卒業後上京、ドキュメンタリー映像制作に従事する。2012年にドキュメンタリー映画『よみがえりのレシピ 』を公開。同映画は香港国際映画祭、ハワイ国際映画祭に招待される。教育映像「在来作物で味覚のレッスン」が第9回キッズデザイン賞の「未来を担う消費者デザイン部門」で優秀賞。地域課題に真摯に向き合う、ソーシャルデザインとしての映像制作を探求している。有限責任事業組合いでは堂、共同代表。

撮影:佐藤さとう広一こういち

フリーディレクター・カメラマン。テレビCM制作のほか、劇映画などのドラマも手がけている。代表作「隠し砦の鉄平君」(株式会社BBMC)、DVDドラマ「まちのひかり」(特定非営利活動法人 エール・フォーユー)など。原村政樹監督のドキュメンタリー映画「無音の叫び声 ~農民詩人 木村迪夫の牧野村物語~」では撮影を担当している。