スタッフ

ナレーション:鶴田つるた真由まゆ

女優
1988年女優デビュー。その後、ドラマ、映画、舞台、CMと幅広く活動。代表作には、ドラマ「妹よ」「君と出逢ってから」「徳川慶喜」「お仕事です!」「サトラレ」、映画「梟の城」「半落ち」「カーテンコール」などがある。1996年には「きけ、わだつみの声」で日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受賞。近年はドラマ「マルモのおきて」「酔いどれ小籐次」「株価暴落」「犯罪症候群」、映画「沈まぬ太陽」「さよなら渓谷」「ほとりの朔子」「64-ロクヨン」「DESTINY鎌倉ものがたり」など話題作に出演。旅番組、ドキュメンタリー番組への出演も多く、番組出演がきっかけとなり、2008年に第4回アフリカ開発会議(TICAD Ⅳ)の親善大使の委任を受ける。著書に旅エッセイ「ニッポン西遊記 古事記編」(幻冬舎)、「神社めぐりをしていたらエルサレムに立っていた」(幻冬舎)などがある。
鶴田さん

監督:渡辺わたなべ智史さとし

山形県鶴岡市生まれ。東北芸術工科大学環境デザイン学科卒業。卒業後上京、ドキュメンタリー映像制作に従事する。2012年にドキュメンタリー映画『よみがえりのレシピ 』を公開。同映画は香港国際映画祭、ハワイ国際映画祭に招待される。教育映像「在来作物で味覚のレッスン」が第9回キッズデザイン賞の「未来を担う消費者デザイン部門」で優秀賞。地域課題に真摯に向き合う、ソーシャルデザインとしての映像制作を探求している。有限責任事業組合いでは堂、共同代表。

撮影:佐藤さとう広一こういち

フリーディレクター・カメラマン。テレビCM制作のほか、劇映画などのドラマも手がけている。代表作「隠し砦の鉄平君」(株式会社BBMC)、DVDドラマ「まちのひかり」(特定非営利活動法人 エール・フォーユー)など。原村政樹監督のドキュメンタリー映画「無音の叫び声 ~農民詩人 木村迪夫の牧野村物語~」では撮影を担当している。

作曲:鈴木すずき治行はるゆき

東京出身。1995年『二重の鍵』で第16回入野賞受賞。2005年ガウデアムス音楽週間、2006年イタリアのサンタマリア・ヌオヴァ音楽祭、2016年ニューヨーク「Music From Japan」参加など、作品は国内外で演奏、放送されている。他ジャンルとのコラボレーションにも関心を持ち、映像との仕事として『M/OTHER』、『チョコリエッタ』、『よみがえりのレシピ』他多数。またサイレント映画ライヴ演奏も行う。美術、演劇寄りの仕事として、『循環する日常生活』、(1996年、六本木ストライプハウス美術館)、『饗宴のあと~After The Symposium』(2015年、東京都庭園美術館)など。

演奏:瀬川せがわ裕美子ゆみこ

国立音楽大学附属幼稚園から高等学校を経て、国立音楽大学を首席で卒業。バッハからショパン、近現代、邦人委嘱作品に至るまで文化を横断したコンセプトで、東京文化会館、トッパンホール等でソロリサイタルを開催中。3枚のCDを発売。『レコード芸術』準特選盤に選出され、日経新聞電子版等で取り上げられる。

アドバイザー:高橋たかはし真樹まさき

ノンフィクションライター、放送大学非常勤講師。「持続可能な社会」をテーマに、日本全国、世界70カ国をめぐりとことん取材。2017年からは埼玉県川越市にあるパッシブハウスに住み、省エネな上に快適な暮らしを実践している。著書に『そこが知りたい電力自由化~自然エネルギーを選べるの?』『ご当地電力はじめました』『観光コースでないハワイ』ほか多数。WEB上では地域の自然エネルギーの取り組みを伝える「高橋真樹の全国ご当地エネルギーリポート!」(主催:エネ経会議)や、自身のエコハウス生活を紹介する「高橋さんちのKOEDO低燃費生活」にて連載中。

構成:黒沼雄太 編集:渡辺智史 MA:中野坂上スタジオ 音楽録音:パストラルサウンド CG:デジコンキューブ